All posts by GRbik7uK

モータースポーツイベント自粛、相次ぐコロナの影響

コロナ感染予防のためにキャンセルになったイベントは?

2020年3月7日と8日に開催される予定だったモータースポーツイベントが中止になりました。
三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催予定だった「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」です。
中止理由は、新型コロナウィルスの感染拡大予防でした。
来場客やライダーなどの関係者の健康を守るためでしょう。

その際、予定されていたイベントに「ロードレースデモ走行」がありました。
それには話題になっていたホンダの新型CBR1000PR-Rで参加予定だった「Keihin Honda SI Racing」や「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」が出演する予定だったのです。
その他にも、FIM世界耐久選手権参戦の「F.C.C. TSR Honda France」や中須賀克行選手が所属している「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」なども出演予定でした。
楽しみにしていたファンは残念がっているでしょう。

その他にもツーリング関係のイベントで、中止になったものがあります。
4月26日と5月17日に宮城県運転免許センターで、予定していたグッドライダーミーティングや5月2日に予定していたオフロードライダー塾in SUGOです。

延期予定のイベントをご紹介

延期予定のHondaイベントもあります。
4月25日と26日に予定していた「スーパーバイクレースinもてぎ」です。
11月14日と15日に延期になりました。

また、5月30日と31日の鈴鹿サーキットのSUPER GT第3戦も延期になったのです。
まだ、具体的な日にちは決まっていません。

海外のレースについてもご紹介します。
「MotoGP」サーカス第2戦の3月22日予定だったタイGPが、10月4日に延期になりました。
10月18日決勝の日本GPも含まれる、フライアウェイ戦にも影響があるでしょう。

また、最高峰「MotoGP」クラスの開幕戦アメリカズGP4月5日決勝予定が、11月15日に延期になりました。
最終戦のスペインのバレンシアGPは11月29日に延期です。

コロナウイルス拡大を防ぐためにイベントに影響が出ている

全世界で問題になっている新型コロナウイルスは、あらゆるモータースポーツイベントにも大きな影響があります。
世界では、ヨーロッパでの感染拡大がひどいために、延期や中止が相次いでいるのです。
また、スケジュールを変えることができないために、延期の日が決まらないという問題も出てきています。

イタリアに拠点があるチームが多い、2輪のロードレース世界選手権「MotoGP」も、コロナウイルスの影響で深刻な状況になっています。
3月8日決勝予定だった開幕前のカタールGPは、「Moto2」「Moto3」の開催だけになってしまいました。
最高峰クラス「MotoGP」の開催は中止です。

「MotoGP」サーカスは新型コロナウィルスへの対応は早いです。
イタリアの厳しい入国制限があるために、アメリカに渡航するのも厳しいものになると、早くから考えられていたからでしょう。
このように、コロナウィルスの影響は、日本のみでなく、世界中に見られます。
早い収束を願いたいものです。

バイクもキャッシュレス還元対象!還元があるのはいつまで?

キャッシュレス還元の期間は2020年の6月30日まで

期間が2020年6月末となっているキャッシュレス還元について、ご紹介しましょう。
対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると、5%か2%の還元があるということです。
その割合は、中小企業や小規模事業者の店舗だと5%で、フランチャイズのチェーン店舗だと2%になります。

2021年のオリンピックのためのインバウンド対策や、日本でのキャッシュレス決済普及などがその目的でしょう。
参加加盟店や消費者にとってお得な対策で、バイクを買う際にも使えます。
対象店舗には「最大5%還元」と白字で書かれた赤いマークが、掲げてあるのでわかりやすいです。

キャッシュレス決済とは

ここで、キャッシュレス決済について、おさらいをしておきましょう。
キャッシュレスとは、現金を使わないことを意味します。
つまり、キャッシュレス決済は、現金を使わない支払い方です。

たとえば、クレジットカードやデビットカードでの支払いです。
また、電子マネーやQRコード決済も、キャッシュレス決済になります。

予定期間の延長の可能性は低い

実は、キャッシュレス還元の予定期間の延長の可能性は低いです。
皆さまもご存知のとおり、コロナウイルス感染対策のために、2020年7月開催予定だった東京オリンピックが2021年の7月に延期になりました。
そのため、還元期間も延長されるのではないかと考えるのは無理もないことです。
元々はオリンピックの際に、海外から訪れる人たちが使いやすいように、キャッシュレスを広めるための動きの一つが、このキャッシュレス還元でした。

しかし、コロナウイルス感染対策のために、経済状態が逼迫されている人がたくさんいます。
そんな人たちや企業を助けるために、打ち出した休業補償や世帯ごとの給付金で、国の財政も大変なことになっているのです。
いつまでも、キャッシュレス還元期間を延ばすわけには、いかないのではないでしょうか。

お得にバイクを購入できる

近々、バイクを購入したいと思う人は、キャッシュレス還元期間のうちに買った方がお得です。
さらに、ショップによるポイントが付く場合もあるので、このあたりは要チェックでしょう。

たとえば、あなたが100万のバイクを、バイク店で購入したとします。
その時の支払方法がクレジットカードなどのキャッシュレスだった場合は、キャッシュレス決済となり、100万円の5%の5万円がポイントとして還元されるのです。
還元されたポイントは、そのお店の買い物に使えます。
5万ポイントもあれば、用途はいろいろでしょう。

ヘルメットを2つ買うこともできるので、ダンデム用に恋人とおそろいのものをそろえることもできます。
また、グローブやバイク用のジャケットを買うことも可能です。
こうしたものを買ってもらえれば、お店の人にとっても喜ばしいことですし、消費者にとってもお得でうれしいことになります。
双方が幸せになるキャッシュレス還元なのです。

バイクの洗車について

バイクの洗車をしよう

普段乗っているバイクは大事にしたいものです。
時にはバイクも人間がお風呂に入るように洗車をしなくてはいけませんがやり方がわからないという初心者の人も多いかもしれません。
バイクの洗い方などは恥ずかしくて人に聞きにくいのであればここで洗車について学んでみましょう。
洗車のやり方が分からないという人は参考になさってください。

洗車のやり方

では洗車のやり方をご説明しますので今後のためによく覚えておきましょう。

まずは洗車場へいき水をかけて大まかな砂や泥、ホコリなどの汚れを落とします。
ここで注意したいのは高圧洗浄機をつかうのであれば離れて上からかけるということです。
こうしないと水が入ってはいけないような余計な部分に水が入ってしまいますので気を付けたいものでしょう。

そして最初は水をかけるのみでごしごしとこすらないようにした方が傷付かなくて良いです。
擦ってしまいますとその部分が傷付くかもしれませんからNGです。
せっかくの愛車には余計なキズを残してはいけません。

バケツに水を入れてどんどん汚れを落として行ったら今度は泡をつくるように心がけます。
まずは上から泡をかけてバイクが泡だらけになるようにし泡でいっぱいになったらスポンジ洗いの時間です。

タイヤやホイール周辺は特に念入りに洗ってあげたい場所になります。
なぜならばそこは汚れがたまりやすい部分で常に砂ほこりが付着しているからです。

上から下に向かってスポンジだけでなくブラシも使って洗います。
気を付けたいのは洗うのを忘れやすい裏の部分です。
裏は目立つところですから、忘れずに念入りに洗ってあげましょう。

洗い終わったらしっかりと洗い流します。
ここでは洗剤が残らないように気を付けましょう。
洗剤が残ってしまうと跡になりますのですすぎに注意した方が良いです。
洗い終わったらキレイな布で水気を取りますが、この際も丁寧に水滴が残らないように拭きましょう。

初めての洗浄というと時間がかかってしまいますが、キレイに洗えれば上出来です。
そして一生懸命に洗うと新品のようにバイクがピカピカになりますが、より綺麗に仕上げたい場合はワックスを付けると良いでしょう。

自分で洗う自信がない場合はプロに頼む

初心者の人で自分で洗う自信がないという場合はプロに頼んでも良いでしょう。
ガソリンスタンドなどで洗ってもらえるのは車なのでバイクは無理なようですがバイク洗車・コーティング専門のお店があります。
インターネットで探してみるとお宅の近くにもあるかもしれません。

最初はそのようなところで洗ってもらってもやり方が分かるようになったら自分で洗えるようにしましょう。
バイクとの良い対話になりますしバイク洗いは自分でやっているという人がほとんどですから慣れてしまえばそんなに難しくないです。

ナイトツーリングの魅力と注意点

ナイトツーリングの魅力

ナイトツーリングは「ナイトラン」とも言いバイクの愛好家の中でも好きな人が多いです。
どのような魅力があるのか挙げてみます。

まずは夜景の美しさを満喫できることです。
昼間と夜では景色が違い昼間はなんでもないような普通の景色でも夜になるとライトアップされてオシャレな雰囲気になるというところもあるでしょう。
そのような夜景をバイクで乗りながら楽しめるのです。

夏限定ですが涼しいということもあります。
確かに風を切って走るのは爽快感抜群で涼しいものですし夜だからこそ涼しく吹く風が心地よいのでしょう。
そして渋滞の解消が嬉しいということも魅力のひとつで確かに夜は渋滞がないので気にせずに走れます。

注意点も挙げてみよう

どんなに良い事でもデメリットはあるものです。
ナイトツーリングは上記に挙げたようなメリットがある反面気を付けなければいけないこともあります。
気になる注意点を挙げてみますので参考になさってください。

まずは車間距離がわかりにくくなってしまうことです。
元々バイクの車間距離はわかりにくいものですから夜は特にそうなるでしょう。
自動車から見ますとバイクの動きは遅く見えますので出会い頭に追突という事故が多発するのです。

また昼間でも自動車からバイクは見えにくいものですから油断は禁物です。
夜だとなおさらですから車からバイクが見えずに追突という事故も多いでしょう。
車側の確認ミスもありますがバイク側としてはスピードをだすのを控える等の工夫をした方が良いです。

そして眠気も注意した方が良いでしょう。
深夜ですから睡魔が襲ってくるのは仕方がないことですが居眠り運転が危険です。
眠くなったら思い切って運転を休むために深夜営業のレストランに行く、コンビニに行くなどの工夫をした方が良いです。
コーヒーやお茶で眠気覚ましをするという人もいますが大して効かないことがありますのでそれよりは行動した方が目が覚めて良いのでしょう。

さらに暗くて路面の状況がわからないということもあります。
まっすぐに行かれそうな道でも実は曲がっていたということもありますので気を付けましょう。
特に山道や山に近い道路を走っていると動物が飛び出してくることが良くありますので気を付けたいものです。
このような時にうっかりと動物にぶつかってしまうということもあります。

そういった事故を回避するためには外灯の少ない危険な道や山道はナイトツーリングには向かないかもしれませんのでなるべく避けた方が良いです。
そして冬にナイトランを行う場合は上着を着込んで温かくしておきましょう。
特に初日の出を見るためのナイトランは寒いので風邪を引かないようにしてください。