All posts by GRbik7uK

125ccバイクの法改正について

もっと125ccバイクの免許を取りやすくしてほしいという多くの声が

50㏄の原付バイク以外は、普通自動車の免許を持っているとしても二輪免許が必要となるため、バイクに新たに乗りたいという人の障害となっています。
しかも、125ccバイクのバイク、特にAT車はほとんど原付バイクと変わらないのに、免許取得のための時間と費用が結構かかってしまうということで、それを改善してほしいという声がたくさん上がっているのです。
そこで、政府は広く意見を応募して、どのような要望があるのか、どんなメリットがあるのかなどを調べて、最終的に小型二輪の免許をより取りやすくするかどうかを判断するとしています。

125ccバイクのバイクに乗るためには小型自動二輪の免許が必要ですが、MT車とAT限定の二種類があるため、より気軽に乗れるAT限定の方の免許取得をより簡単にしてほしいというのがその趣旨です。
この改正がなされると、免許取得期間が減りますし、結果として免許取得のためのコストが減ると考えられますので、よりバイクユーザーが増えるという希望が出てきます。

意外と大変なAT限定小型二輪免許の取得

自動車の免許を持っていれば原付バイクはそのまま乗れますが、それ以上の排気量となると別途免許を取る必要があります。
しかし、時間と費用の面で意外と大変なので、わざわざ免許を取ってまでバイクに乗ろうとは思わないという人が多くなってしまうのも不思議ではありません。
AT限定であれば、車体の取り回し大きさ、スピードコントロールの仕方などは原付とほとんど変わらないのに、それでは苦労に見合わないというわけです。

実際にAT限定の小型二輪免許を取ろうとすると、技能講習で9時間、座学で1時間が必修となっています。
基本的に一日3時間の実習しか受けられないということになっていますので、どんなに早くても三日間の期間がかかります。
そして、費用は7万円近くは最低でもかかるというのが実情です。

法改正がなされるとどうなるか?

そこで、要望としては、一日当たりに受けられる実習の時間を増やしてほしいという意見が多く出ています。
一日のうちに休憩をはさみ、5時間程度の実習を受けられるようにしてくれれば、合計で2日間あれば免許を取得できるようになるというわけです。
その分、費用も圧縮できますので、よりお得にAT限定の二輪免許が取れるようになります。

125ccバイクは車検なども必要なく、ほぼ原付と変わらないバイクです。
そのため、もしこの法改正がなされると、原付バイクのニーズががくんと落ちてしまうかもしれないというリスクはあります。
しかし、ユーザーの利益になることですので、これからの動きに注目です。

三菱電機がバイクに搭載できる冷蔵庫を開発

ユニークな冷蔵庫付きのバイク

バイクは実に様々な目的のために用いられます。
日本や欧米のような経済的に豊かな国では、ツーリングなどの趣味のために高額なバイクが販売され、メーカーの大きな収入源です。
しかし、世界に目を向けると、日常を支えるなくてはならないツールの一部となっていることが分かります。

自動車は高価ですしガソリン代や維持費もかかるため、多くの貧困層は車を持つことができず、バイクで移動をしています。
単に通勤や買い物のためだけでなく、物を運んだり、いわば行商のようにバイクに商品を積んでそれを売り歩いている様子もよく見かけられるものです。

そこで三菱電機は、バイクの荷台に着けられるタイプの冷蔵庫を開発して販売することにしました。
漁港で入手した魚介類を内陸まで鮮度を保ちながら運ぶため、冷蔵品やアイスなどの商品を運搬するために、こうしたバイク用の冷蔵庫というのは実に役立つものなのです。
先進国ではなかなか考えられない様子ですが、途上国では非常に有用なツールとなっていて、経済活動を支えるものとなっています。

未来のことを考えて新しい商品を開発する三菱電機

三菱電機は、世界に誇る電機メーカーとして創造的な商品開発能力を持っていますが、単に市場の受けが良い商品というだけでなく、未来につながるような製品を作ることをモットーとしています。
エコ性能に優れ、地球環境を守ると同時に、顧客の経済活動をより効率化させる製品を作り、エコと経済を同時に進められるようにする手助けをしているのです。

また、このバイク用の冷蔵庫のように、様々な国の様々な環境を実際に観察して、そこで必要とされているものを考案し具体的に形にするというのも、三菱電機が得意とする分野です。
競争が激しい電気製品ですが、ちょっとした観察力と行動力によって、多くの人の生活を支えるような製品を作り出せるのが魅力です。

同時に二つのマーケットに売れる商品を作る

さらに、三菱電機では一つの商品で二つ以上のマーケットに売り込めるような効率性の高い商品を開発することも心掛けています。
たとえばこのバイク用の冷蔵庫は、とてもコンパクトでエネルギー効率が高いため、ベッドの脇にちょっとした飲み物などを保管できる冷蔵庫としても使えるようになります。
多少デザインとペイントを変えるだけで、貧困層だけでなく富裕層というマーケットにも売り込むことができるという、とても小回りの利く商品となりえるのです。

こうした発想の豊かさがたくさんの便利な商品を生み出す力となっています。
これから、さらにバイクライフを豊かにしてくれる、斬新な製品を開発し世に送り出してくれることを期待したいものです。

ハーレーダビッドソンも電動バイク市場に参入

アメリカンバイクを象徴するハーレーダビッドソンも電動バイクを開発している

ハーレーダビッドソンといえば、大型でいかにもアメリカンというイメージの強いバイクですが、最近は様々な新しい取り組みをしています。
その中でも注目に値するのは、電動バイクの開発を行っていて、実際に市場への投入が決められているということです。
大容量で力強いエンジンを搭載したバイクの象徴としてハーレーダビッドソンが扱われていましたが、今までのイメージを払しょくするような動きに世界中が注目しているのです。

この電動モータータイプのバイクはすでにプロトタイプとして、モーターショーなどでも発表されていましたし、映画の中でもそのコンセプトとなるバイクが登場しています。
しかし、電動モーターでの稼働というのは今までのハーレーダビッドソンとは明らかに異なるコンセプトであるため、実際に販売されるのかどうかは疑問視する動きもありました。
それでも、2019年7月を目安に一般発売がなされるという発表がなされ、ハーレーダビッドソンの新しい試みが実現されることになったのは、驚きとも言えるでしょう。

近未来なイメージを与えるデザインも魅力的

ハーレーダビッドソンはハードなデザイン、クラシックな雰囲気を大事にしていますし、実際のハーレーファンもそのようなイメージが好きでハーレーに乗っています。
しかし、今度出る電動バイクは、近未来的なデザイン設計の下で作られていて、見た目にも従来のハーレーダビッドソンとはちょっと異なる感じがあります。
もちろん、重厚感があってアメリカンスタイルのパイプの美しさが協調された雰囲気は変わりませんが、よりスポーティーな感じが強調されています。

従来のハーレーファンからするとちょっと違和感があるかもしれませんが、新しい顧客を獲得するには十分な美しさを持つデザインとなっています。
日本でも若者を中心に再びバイクブームの波が来ていますので、こうしたかっこいいデザインのバイクがあると、若者もより引き付けられていくことでしょう。

新しい電動バイクの技術開発に要した4年間

従来のバイクからの脱却をし、多くのメーカーでは電動バイクの開発を急いでいます。
しかし、完全な電動バイクの場合は最大充電で100キロ程度の走行ができないことが多く、実際の使用では不満が残るという意見が多く聞かれていました。
しかも、ハーレーのような長距離ツーリングを好むファンが多いブランドでは、こうした弱点は致命的なものとなります。

そこで、ハーレーダビッドソンは4年以上もの年月をかけて、着々と電動バイクの開発を行ってきました。
その技術開発によって、どのような性能を持つ電動バイクが発表されるかは、これからの大きな楽しみと言えます。

わずか3kgのスクーターWheelaとは

モーターのついたキックボードのような感じ

セグウェイを始めとして、様々な新しいタイプの乗り物が世界で開発されていますが、その中でより気軽に楽しめる乗り物として「Wheela」が登場しました。
見た目にはサドルがあるキックボードという感じで、しっかりとした乗り物というよりも若干遊びのツールのような感じを受けます。
車輪は15センチのとてもコンパクトなもので、フレームも細長いアルミで構成されていますので、気軽さが前面に出ているのが特徴です。

このWheelaにはいくつかのモデルがあって、自転車と同じように自分でこいで運転するものもあれば、電動モーターがついているモデルもあります。
日本では法規制の関係で公道でも歩道でも走ることができませんので、私有地などでしか利用できないというのがネックです。
しかし、世界各国ではすでにこのWheelaの手軽さが受け入れられていて、多くの場所で利用されています。

コンパクトで軽量というのが最大の武器

Wheelaは自分でこぐタイプにしても電動モーター付きのタイプにしても、非常に軽量でコンパクトというメリットがあります。
折り畳み式となっていますので、片手で持って歩くことができ、電車などに持ち込むのも無理なくできてしまいます。
また、重量も3キロ程度となっていますので、難なく運べるのがうれしいところです。

電動モーター式のWheelaはリチウム電池を使用していて、効率よく充電でき持ちも良いので、法規制がない国ならかなりいろいろなシーンで使えるでしょう。
もちろん、実用性だけを見るのではなく、遊びで持っていてもいいスクーターで、独特の走りを楽しめるのが魅力です。
公園などでスケーターボードのような感覚で遊んでみるというのも、このWheelaの楽しみ方の一つです。

Wheelaの素材はスタンダードモデルだとアルミを使っていますが、カーボンモデルはカーボン素材を使っていますので、非常に軽く取り扱いが楽なのが特徴です。
これからさらに普通のバイクの世界でもカーボン素材を使ったモデルが増えていくことが考えられますので、このWheelaの取り組みは非常に興味深いものがあります。

新しいタイプの乗り物がどんどん増えていく予感

このWheelaのように、気軽に乗れる乗り物がいくつも発表されていますが、この流れはさらに加速しそうです。
電動モーターの技術が進んでいくことで、複雑な構造が求められていたガソリンエンジンの車ではなく、よりシンプルな乗り物が作れるようになっているからです。
今までにないような斬新なアイディアを搭載して、楽しくて便利な新しい乗り物が次々と誕生していくことが期待されます。