All posts by GRbik7uK

大事なバイクのリコール情報キャッチ

バイクのリコール情報は大事

バイクのリコールは、不具合のある部分をメーカーが無料修理をするということなので、バイクを安全に乗るためにとても大事な処置です。
中古バイクでもリコール対象となれば、パーツの無償交換をしてもらえます。

もしも、リコールとなれば、新車でも中古車でも、使用者にはダイレクトメールか電話で、通知があるでしょう。
自動車分解整備事業者には、日整連が発行している機関紙に掲載する形で知らせるそうです。

今回は、改善対策になっている車種とリコールの出ているスズキの車種を2台、ご紹介しましょう。
改善対策やリコールの届出者は、スズキ株式会社の代表取締役社長のスズキ俊宏さんとなっています。

スズキアドレス110の原動機の不具合の改善対策

スズキアドレス110のクランシャフトといわれる、原動機部分の不具合が2020年1月に、スズキ株式会社によって国土交通省に届けられました。
その内容についてご紹介します。

クランクシャフトと発電機のロータの組み合わせが、うまくいっていないためにエンジン回転部分に、不具合が生じているものがあるということです。
そのため、エンジンの回転の妨げになり、エンストになってしまう場合もあります。

型式はEBJ-CE47AとEBJ-CE47Aで、通称名は「アドレス110」です。
制作期間はEBJ-CE47Aの場合、平成27年7月15日から平成29年8月28日、EBJ-CE47Aは平成30年3月24日から11月27日となっています。
心当たりのある人は、確かめてみてください。

スズキスカイウェイブ650の不具合は燃料供給装置の内部構造

スズキスカイウェイブ650のリコールが2019年10月に国土交通省に届けられました。
インジェスタといわれる燃料供給装置の不具合です。

内部の構造に不備があり、燃料噴射量が増えてしまうようです。
そのために、一酸化炭素である排出ガスの中のCOが規定の量以上に排出されてしまいます。
排出ガスの基準である保安基準に合わないので、該当車両はインジェスタ交換を行うということです。

型式は2BL-CP52Aで、通称名は「スカイウェイブ」、製作期間は平成29年7月10日から平成30年4月2日となっています。
心当たりのある人は確かめてみてください。

気になる場合はスズキに問い合わせてみよう

これまでの情報に関して気になる人は直接、スズキに問い合わせてみてください。
問い合わせ先はお客様相談室です。
または、バイクを買ったお店で相談してみるのも良いでしょう。

今回はスズキの車種でご紹介しましたが、その他の国内外のメーカーでもリコール車種は多数あります。
バイクの不具合は事故につながる可能施もあるので、リコール対象の車種でなくても、普段のメンテナンスなどで、いっそうの注意が必要です。
安全に楽しくバイクに乗りましょう。

未来に期待!ドリームカップで56レーシングがワンツーフィニッシュ!

56レーシングは元MotoGPライダー中野真矢さんが率いるチーム

56レーシングは、元MotoGPライダー中野真矢さんが率いる若手育成のためのチームです。
2019年シーズンで、注目された選手は田中風如選手と梶山采千夏選手でした。

CBR250RR ドリームカップ(DREAM CUP)のつくばロードレース選手権並びに鈴鹿サンデーロードレースでは、田中選手がランキングトップになったのです。
第4戦まで55ポイントを獲得しました。
梶山選手は54ポイントで2位だったのです。
結果、両選手ともにグランドチャンピオンシップに、出られることになりました。

田中風如選手は1位梶山采千夏選手が2位

12月1日の決勝では田中選手が1位、梶山選手は2位だったので、二人でワンツーフィニッシュの快挙を成し遂げました。
予選では梶山選手の調子が良かったのですが、決勝では出遅れてしまったのです。
しかし、すぐに追いついて二人でトップ争いでした。

その結果、最終ラップのシケインでイン側をキープできたのは、田中選手になったのです。
そのまま走りぬいた田中選手は見事に優勝し、後を追った梶山選手が2位でした。
日本全国から強者がそろうレースで、1位2位を獲得できたのは素晴らしいことです。

二人の強みは落ち着いた走り


中野真矢監督のコメントをご紹介します。
二人の強みは落ち着いた走りができることと、監督は感じているようです。
そんな二人で上位を独占できたのは、チームとして嬉しいうコメントでした。
スタートが遅れた梶山選手がすぐにペースをあげて、田中選手とともに上位に食い込むことができたということです。

こうしたプレッシャーとの闘いになる大舞台で、結果を出せたのは若いからこそできる快挙でしょう。
評価のできるレースだったと、監督は振り返っています。

梶山選手のコメント

梶山選手は気合を入れていたようです。
全国の実力のある選手ばかりの中で、不安もあったようですが、予選ではポジションがうまくとれて、ホッとしたといっています。

決勝は監督に言われた通り、スタートを頑張ろうとしていました。
しかし、ギヤがニュートラルに入っているというミスをしてしまったのです。
そのためにスタートでは、スピードが出ずトップから離れてしまいました。

それでも頑張って走ったら、先頭集団に追い付けたそうです。
勝負をしながら、2位でゴールインできました。
しかし、1年間ずっと優勝をめざしていたので、悔しくなってしまったそうです。
梶原選手は涙が出てしまったといいます。

監督からはこのレースで、ライダー育成チームからは卒業と言われたそうです。
今度は次のステップを目指すことになりました。

グラチャンの大会予定

コロナウイルスの感染拡大があるために残念ながら、次の予定は決まっていません。
ただ、サーキットで開催予定にはなっています。
全国大会はツインリンクもてぎで行う予定です。
詳細の発表を待ちましょう。

MotoGPロッシファンのおばあちゃん【102歳】がコロナから生還

おばあちゃんが生還した経緯

MotoGP界でも人気の高いバレンティーノ・ロッシ選手の大ファンの102歳のイタリアのおばあちゃんがコロナウイルスに感染したのですが、奇跡の生還を果たしたそうです。
生還を果たしたのはリナ・イタリカさんで、3週間入院していたのですが、その最中も46をトレードマークにした、ロッシ選手の写真入りキーホルダーを肌身離しませんでした。
ロッシに会いたいという強い気持ちを持ち続けたおかげで、イタリア北西部にあるジェノバのサンマルティーノ・病院を退院できたのです。
無事に自宅に帰れたリナおばあちゃんは、「奇跡のおばあちゃん」として世界で話題になりました。

ロッシからの電話で大喜びのおばあちゃん

ロッシ選手はこの話を知り、リナおばあちゃんに電話をしたそうです。
ユーモアのある労いと励ましの言葉を、大好きなロッシ選手本人から、もらったおばあちゃんは感動しました。
「彼は最高の言葉を贈ってくれた。生きていてよかった。うれしい。最高のしあわせ。」と言っているそうです。
世界のモータースポーツファンはこの話に心を打たれ、口々にロッシ選手に賛辞を送りました。

コロナウイルス蔓延で、暗い話題の多いここ最近ですが、こんな明るいニュースはうれしいものです。
ロッシ選手の優しい人柄に触れることができるエピソードでしょう。

ロッシ選手の特徴はあらゆる人に愛されていること

イタリアで5歳から13歳の子供たちに、好きなスポーツ選手について聞くと、必ずロッシ選手が出てきます。
男の子では第1位で、女の子でも第2位です。
クリスティアーノ・ロナウドやフランチェスコ・トッティといった、サッカー界のスーパースターも多い中でのこの人気ぶりはすごいことでしょう。

おばあちゃんとの一件から見ても、イタリア国内で大人気であることが良くわかります。
彼のファンは年齢層が幅広く、子供からお年寄りまでです。

THE DODTERを自認しているロッシ

ロッシ選手は自らを医者という意味のTHE DODTERと言っています。
バイク用品を並べて、順番にセッティングをして勝つことからでしょうか。
なかなか面白いニックネームです。

イタリアではコロナウイルスによる死者が1万5000人超えで、大きな問題になっています。
そんな折、ロッシーはいち早く何人かの市民や起業家と協力して、病院に寄付をしたのです。
新型コロナの影響を大きく受けて、多くの市民や医療従事者が困っている自身の出身地、マルケ州の病院に人口呼吸器を贈りました。
このような人としての懐の大きさも、多くの人に愛される理由でしょう。

ご紹介したように、心が広く思いやりのあるロッシー選手を、今後も応援したいものです。
ロッシー選手に会うまでは死ねない、と頑張ったおばあちゃんにも、うなずけます。

BMWから新型モデルが登場!

販売時期と価格は未定のBMWの新型R18

BM Motorradは2020年4月に新型R18を発表しました。
このモデルは外観も内部も、オーソドックスなモーターサイクルに基づいています。
参考にしているモデルはBMWR5などです。
モーターサイクルの本来の姿にフォーカスしていますが、最新のエンジンやテクノロジーになっています。

販売時期や価格は気になるところですが、いまだ未定です。
最新モデルの購入を考えている人は、今後の情報を待ちましょう。

ボクサー・エンジンが特徴

新型BMW R18の大きな特徴は、新しく開発された2気筒ボクサー・エンジンです。
このエンジンは70年もの間に、君臨してきたトラディショナルな空冷ボクサー・エンジンの影響を受けています。

1923年にBMW Motorradが生産開始して以来、ずっと提供されているエンジンの中でも、一番力強い2気筒ボクサー・エンジンなのでかなり期待ができるものです。
排気量は1,800ccくらいになり、最高出力も最強でものすごいものになっています。
走行開始時に発揮するパワーは優れたもので、気持ちよく発車できるでしょう。
そして、リズミカルなエンジンの音も心地よいものです。

標準装備のライディング・モードなども特徴の一つ

新型R18に標準装備されているライディング・モードは3つです。
レインとロール、ロックでライダーが好きな装備を、適用できるので好みで選べます。

その他にはASCともいわれる解除ができるオートマチック・スタビリティ・コントロールの標準装備もあります。
安全に走れるように作られた装備です。

そして、それだけではなくMSRともいうエンジン・ドラッグ・トルク・コントロールも標準装備になっているのです。
さらに運転しやすくするリバース・アシストもあり、坂道に便利なヒル・スタート・コントロール機能もオプションになっています。

カスタマイズしやすいデザインが魅力

新型R18は他の型に比べて、カスタマイズしやすいデザインが魅力です。
取ったり外したりしやすいリヤ・フレームがあり、すぐに分解できるパーツは塗装済みになっています。
そして、ブレーキやクラッチなどの取り付けもしやすくなっていて、ハンドルバーを変えたい時もやりやすいです。
また、交換が簡単にできるようになっている部品も多くあり、特にオイル・チャンバーの外にあるバルブ・カバーやベルト・カバーなどは容易に交換できます。

R18を好きなように、カスタマイズできるためのオプションも多くあります。
BMW Motorradには、多くのパーツに使える純正アクセサリー・プログラムがあるので自由自在にカスタマイズできるのです。
アクセサリーによっては、R18の雰囲気がだいぶ変わるのではないでしょうか。
カスタマイズが好きな人、BMWのバイクが好きな人におすすめしたい最新型のR18です。