All posts by GRbik7uK

BMWから新型モデルが登場!

販売時期と価格は未定のBMWの新型R18

BM Motorradは2020年4月に新型R18を発表しました。
このモデルは外観も内部も、オーソドックスなモーターサイクルに基づいています。
参考にしているモデルはBMWR5などです。
モーターサイクルの本来の姿にフォーカスしていますが、最新のエンジンやテクノロジーになっています。

販売時期や価格は気になるところですが、いまだ未定です。
最新モデルの購入を考えている人は、今後の情報を待ちましょう。

ボクサー・エンジンが特徴

新型BMW R18の大きな特徴は、新しく開発された2気筒ボクサー・エンジンです。
このエンジンは70年もの間に、君臨してきたトラディショナルな空冷ボクサー・エンジンの影響を受けています。

1923年にBMW Motorradが生産開始して以来、ずっと提供されているエンジンの中でも、一番力強い2気筒ボクサー・エンジンなのでかなり期待ができるものです。
排気量は1,800ccくらいになり、最高出力も最強でものすごいものになっています。
走行開始時に発揮するパワーは優れたもので、気持ちよく発車できるでしょう。
そして、リズミカルなエンジンの音も心地よいものです。

標準装備のライディング・モードなども特徴の一つ

新型R18に標準装備されているライディング・モードは3つです。
レインとロール、ロックでライダーが好きな装備を、適用できるので好みで選べます。

その他にはASCともいわれる解除ができるオートマチック・スタビリティ・コントロールの標準装備もあります。
安全に走れるように作られた装備です。

そして、それだけではなくMSRともいうエンジン・ドラッグ・トルク・コントロールも標準装備になっているのです。
さらに運転しやすくするリバース・アシストもあり、坂道に便利なヒル・スタート・コントロール機能もオプションになっています。

カスタマイズしやすいデザインが魅力

新型R18は他の型に比べて、カスタマイズしやすいデザインが魅力です。
取ったり外したりしやすいリヤ・フレームがあり、すぐに分解できるパーツは塗装済みになっています。
そして、ブレーキやクラッチなどの取り付けもしやすくなっていて、ハンドルバーを変えたい時もやりやすいです。
また、交換が簡単にできるようになっている部品も多くあり、特にオイル・チャンバーの外にあるバルブ・カバーやベルト・カバーなどは容易に交換できます。

R18を好きなように、カスタマイズできるためのオプションも多くあります。
BMW Motorradには、多くのパーツに使える純正アクセサリー・プログラムがあるので自由自在にカスタマイズできるのです。
アクセサリーによっては、R18の雰囲気がだいぶ変わるのではないでしょうか。
カスタマイズが好きな人、BMWのバイクが好きな人におすすめしたい最新型のR18です。

「あおり運転」道路交通法改正案が決定

あおり運転の厳罰化で改正された内容

今までは、あおり運転への厳罰はありませんでしたが、2020年3月3日で、新たな規定が閣議決定されました。
それはあおり運転を取り締まるための道路交通法改正案で、違反者には厳罰が課せられるようになっているのです。

どんな運転があおり運転になるか、ご紹介しましょう。
たとえば、急ブレーキをかけて相手の運転を妨げる行為や、左側からの抜かそうとする行為です。
また、車間距離を開けないで、近づいてくるという行為や、いきなり車線変更をして割り込んでくる行為もあおり運転になります。
その他に、幅寄せや蛇行運転など他の運転者に迷惑になる運転は、刑罰の対象になるのです。

刑罰は3年以下の懲役か、罰金の場合は50万円以下の罰金です。
高速道路であおり運転とみなされる行為をした場合は、懲役は5年以下で罰金は100万円以下になります。
その場合の違反点数は15点以上になり、すぐに免許は取り消しになるでしょう。
このように、飲酒運転並みの厳しさになったのです。

バイクのあおり運転罰則はどうなっている?

バイクの場合は、どちらかというとあおられる方が多いでしょう。
バイクの場合、車と違ってライダーは生身の身体がむき出しなので、事故の犠牲になりやすいです。
気をつけなければいけません。

そのことを考えると、今回の法改正はライダーにとってもありがたいことです。
もしライダーがあおり運転をしたら、車と同じ罰を受けることになります。

年配者の免許更新も厳しくなった

今回の法案により、年配者の免許更新も厳しくなりました。
75歳以上で何か交通違反をした場合、実車試験が必要になります。
それに合格できない人は免許更新ができません。

また、安全運転サポート車しか運転できないという免許も新たに作ります。
この制度は2022年までには施行されるでしょう。

交通違反の点数や反則金

罰金ではなく刑事罰になるのは、運転殺人や危険運転致死などの特定運転行為で、違反点数は1~62点です。
速度違反の場合、刑事罰になるのは一般道の30km以上50km未満と高速道路の40km以上50km未満で、共に違反点数は6点です。
50km未満から15km未満までは罰金で、金額は大型車、普通車などの種類によって異なります。

その他に携帯電話使用や信号無視でも、罰金がとられるようになっています。
また、通行禁止を守らなかったり、歩行者用道路徐行を守らなかったりしても違反となり罰金です。

違反行為はご紹介した以外にもたくさんあります。
警察署のホームページなどで確認しておくと良いでしょう。
バイクは被害者にもなりますし、場合によっては加害者にもなってしまいます。
くれぐれも安全運転を心掛けて、ご自身の身はもちろん、歩行者や他のライダー、車のドライバーなどに、迷惑をかけないように運転してください。

カタールMotoGPでモト2の快挙

MotoGPではコロナの影響で新しい企画ができた

MotoGPはコロナウィルス拡大の影響を受け、レースの自粛などを余儀なくされていました。
残念なことですが、こんな先の見えない状況であるがゆえに、実現した今までにない企画もあったのです。
それはカタールGPで行われたモト2&3クラスの展開の様子を、ライダーが振り返りながら伝える「MotoGP特別編」の放送でした。
選手自身が自分のレースを解説するのは、初めての試みだったのです。

BS日テレ並びに日テレジータスのHuluで、4月6日月曜日の25時からの放送の出演は、モト2クラス優勝の長島啓太選手でした。
そして、4月20日月曜日の25時からの放送では、元3クラス3位入賞の小椋藍選手が、スタジオに迎えられたのです。
それぞれが、自分自身のレースを思い出しながら、コメントを言う興味深い放送になりました。

残念ながら、新型コロウイルスナのために、モトGPクラスの中止がありました。
開幕戦がカタールGPは、モト2クラスとモト3クラスが開催されただけになってしまったのですが、その模様は今までのレースにないような展開だったのです。
二人の活躍は、私たち日本人にとってうれしい快挙でした。

スタジオには、選手以外にグランプリライターの遠藤智氏も出演しました。
長嶋選手と小椋選手関する話も、もりだくさんの楽しいひとときだったのです。
その他にはモトGPの見どころや、見ていておもしろい箇所について話してくれました。
新型コロナウイルス感染の予防のためにライダーが日本に帰ってきているからこそ、実現できた企画だったのでしょう。

長島啓太選手の感想

長島選手は緊張しながらも、思ったことを話せたという感想です。
何度も見ていた映像だったそうですが、再度見たことで、その時の気持ちを思い出したということでした。

他の選手と接触する場面もあったので、その時どんなに緊張したのかも、思い出したそうです。
トップに立った時の気持ちも話してくれたとのことで、カタールGPを皆さんに楽しんでもらいたいと語っています。

小椋藍選手は今後の決意を語った

小椋選手は、どのように話したらよいのかわからないと思ったそうですが、長島選手の収録が良い参考になったそうです。
混戦の中で何を考えたのか、ご自身の言葉で話せたと語っています。
自分自身の走りを見て、今後のレース展開のやり方についても考えられたそうです。
次のレースの予定はまだわからないのですが、またこのような機会があれば、今度は優勝したということで解説をしたいと語っています。

今後のレース予定

Moto GPスケジュールをご紹介しましょう。
日本GPはツインリングモテキで行われます。
予定は10月15日から18日です。
チケットの入手などについては、Moto GPスケジュールシー分2020のホームページを確認してください。

モータースポーツイベント自粛、相次ぐコロナの影響

コロナ感染予防のためにキャンセルになったイベントは?

2020年3月7日と8日に開催される予定だったモータースポーツイベントが中止になりました。
三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催予定だった「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」です。
中止理由は、新型コロナウィルスの感染拡大予防でした。
来場客やライダーなどの関係者の健康を守るためでしょう。

その際、予定されていたイベントに「ロードレースデモ走行」がありました。
それには話題になっていたホンダの新型CBR1000PR-Rで参加予定だった「Keihin Honda SI Racing」や「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」が出演する予定だったのです。
その他にも、FIM世界耐久選手権参戦の「F.C.C. TSR Honda France」や中須賀克行選手が所属している「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」なども出演予定でした。
楽しみにしていたファンは残念がっているでしょう。

その他にもツーリング関係のイベントで、中止になったものがあります。
4月26日と5月17日に宮城県運転免許センターで、予定していたグッドライダーミーティングや5月2日に予定していたオフロードライダー塾in SUGOです。

延期予定のイベントをご紹介

延期予定のHondaイベントもあります。
4月25日と26日に予定していた「スーパーバイクレースinもてぎ」です。
11月14日と15日に延期になりました。

また、5月30日と31日の鈴鹿サーキットのSUPER GT第3戦も延期になったのです。
まだ、具体的な日にちは決まっていません。

海外のレースについてもご紹介します。
「MotoGP」サーカス第2戦の3月22日予定だったタイGPが、10月4日に延期になりました。
10月18日決勝の日本GPも含まれる、フライアウェイ戦にも影響があるでしょう。

また、最高峰「MotoGP」クラスの開幕戦アメリカズGP4月5日決勝予定が、11月15日に延期になりました。
最終戦のスペインのバレンシアGPは11月29日に延期です。

コロナウイルス拡大を防ぐためにイベントに影響が出ている

全世界で問題になっている新型コロナウイルスは、あらゆるモータースポーツイベントにも大きな影響があります。
世界では、ヨーロッパでの感染拡大がひどいために、延期や中止が相次いでいるのです。
また、スケジュールを変えることができないために、延期の日が決まらないという問題も出てきています。

イタリアに拠点があるチームが多い、2輪のロードレース世界選手権「MotoGP」も、コロナウイルスの影響で深刻な状況になっています。
3月8日決勝予定だった開幕前のカタールGPは、「Moto2」「Moto3」の開催だけになってしまいました。
最高峰クラス「MotoGP」の開催は中止です。

「MotoGP」サーカスは新型コロナウィルスへの対応は早いです。
イタリアの厳しい入国制限があるために、アメリカに渡航するのも厳しいものになると、早くから考えられていたからでしょう。
このように、コロナウィルスの影響は、日本のみでなく、世界中に見られます。
早い収束を願いたいものです。