バイク保険

任意保険

自賠責保険でカバーすることができない部分までをまかなう事ができるのが、任意保険となります。
物損事故などの自賠責保険には存在していない補償を、手厚く受けることができますので絶対に入っておくべき保険となります。 
バイクの修理代なども保険でカバーできるのでバイクを乗る人間にとっては必須です。

任意保険には対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、人身障害補償保険などがあります。 
任意保険に加入している場合は、事故当事者同士の示談交渉を保険会社が代行してくれます。 
保険に入ってから、無事故の期間が長くなればなるほど、保険料も安くなっていきます。

自賠責保険

自賠責保険はバイクを公道で乗る時にその加入が国によって義務付けられているものになりますので、こちらに関しては個人が選択する余地はありません。 
自賠責保険は自賠法という法律のもとに定められた保険、正式名称は自動車損害賠償責任保険と言います。

自賠責保険の目的は事故による被害者の救済を目的とした保険制度となります。 
保障内容は相手に怪我をさせた場合は120万円を限度に、相手が死亡した時には、1人に付き3千万円を限度に保証がされる保険制度となります。 
しかし、自賠責保険ではあくまで被害者救済のための制度となりますので、加害者が怪我などをしても保険金は得られないことになっています。

自動車をお持ちの方は

バイクや自動車の所有者は常に万が一のことを考えておく必要があります。 
事故の責任を全て自分でカバーできる人はほんの一握りの人たちだけです。 
ライダーやドライバーには自賠責保険以外にも任意保険の加入がおすすめです。

バイクや自動車は場合によっては凶器にもなる可能性を秘めています。 
保険に加入するには費用がかかるが安心を買うことができるので必ず入った方がよいでしょう。 
選ぶ保険の種類や保険会社によって保険料を安くすることも可能になりますので、自分の乗り方に合った保険を選んでいきましょう。

保険に入らないと・・・

自賠責保険は強制保険となります。 
自賠責保険に加入していない場合は1年以下の懲役か、50万円以下の罰金が科されることになります。 
免許停止プラス違反点数が6点の処分を受けてしまうこともありますし、車検を受けることができないこともありますので、充分に注意してください。

任意保険は強制ではありませんが、事故などを起こした場合には自己負担になってしまうこともあります。 
車両の盗難に遭った場合は盗難保険に入っていれば一部を保証してくれます。 
ライダーは周囲に迷惑を掛けず、先を見通すことが出来てこそ一人前です。
保険はケチることはないようにしましょう。