All posts by GRbik7uK

販売台数低下で国内メーカーがテコ入れ

国内でのバイク販売台数は下がりっぱなしの状況が見られる

日本国内におけるバイクの販売台数は、年を追うごとに下がる傾向が見られ、バイクメーカーの頭を悩ませています。
海外では販売台数が上がっているところ、少なくても同じ水準を維持しているところが多いのですが、日本という市場で見るとかなりの減少率となっています。

やはり、コンパクトカーが普及するようになって、より快適かつ安全に走れる自動車を選ぶようになっているのが大きな理由です。
また、趣味としてバイクに乗る人の層が高くなっていて、どうしても全体に販売台数が制限されてしまっているのも近年みられる傾向です。

そこで、各バイクメーカーではテコ入れを行い、より快適に乗れるバイクの開発を進めたり、趣味のバイクとしてより高機能で愛着を持てるようなバイクを開発するようになっています。
こうしたテコ入れはバイク開発の分野だけでなく、販売店の変革にもつながっていて、以前とは異なる雰囲気を持つ販売店が増えています。

趣味で乗りたいと思えるバイクが多くなっている

国内では日常使用でバイクを乗る人が少なくなっているため、趣味で乗るという目的のためのバイクがかなり多くなっています。
より大型で高級感がある、多機能のバイクをどのメーカーでも力を入れていて、高額なモデルが軒並み登場しています。
若いころにバイクにあこがれていた、もしくはバイクに乗っていた中高年にターゲットを絞って、高級モデルを次々と出しているのです。

一方で、女性にも好かれるようなバイクの開発にも力を入れるようになりました。
オートマで簡単に乗れるバイクのモデルをたくさん作って、デザインにもこだわり可愛らしく、女性も喜ぶようなものとしています。
こうした効果は明らかに見えていて、ツーリングバイクでもオートマモデルが多くなっていますし、実際にツーリングに行く女性の割合も確実に増えているのです。

また、全体的に安全性や燃費にも技術を投入しているメーカーが増えています。
タイヤロックやブレーキのバランスを最新技術でコントロールできるようにして、転倒や事故を減らせるような工夫をしているのも特徴です。

見やすくておしゃれな店舗を作る

販売店にもメーカーからのテコ入れが入っています。
以前は、バイクが所狭しと並んでいて、いかにも男性向けのお店という感じでしたが、今ではゆったりとスペースを取っていたり、見た目にもかわいいバイクを展示用に並べたりと、かなり雰囲気作りに気を配っています。

女性も気軽に入れるように、おしゃれなアイテムやウエアを陳列するところも増えてきているのも大きな変化です。
さらに、バイクとオプション装備、ウエアなどをセットにして展示するなどして、アイテムの提案の仕方も変わってきていて、初心者や女性にも受け入れやすいようにしています。

バイクに搭載されている単気筒エンジンとは

原付バイクなどの小型のエンジンに採用されるシステム

エンジンは基本的にシリンダーを持ち、そこでガソリンなどの燃料を燃焼させることによって動きます。
そのシリンダー、もしくは気筒が一つしかないものを単気筒エンジンと呼びます。

シリンダーの数にはバリエーションがあって、自動車では4気筒や8気筒が一般的です。
また、シリンダーを並べる方向にも種類があって、水平対向型やV型などがあり、それぞれに振動や重心、騒音などの特性の違いがあります。

このうち単気筒エンジンは、主に小さなエンジンに採用されるシステムで、バイクでは原付バイクや、小さな船用のエンジン、発電機などに用いられています。
単気筒エンジンはいろいろなメリットがありますが、出力パワーが小さいので大きなものには向かず、自動車では採用されていません。

単気筒エンジンのメリットとは?

単気筒エンジンにはいろいろなメリットがあります。
まず、構造が単純ですので、メンテナンスが簡単ですし、製造も簡単ですのでコストがかなり安く済むというメリットがあります。
さらに、一度に噴射するガソリンの量が少なくなりますので、燃費が良く維持コストもトータルでかなり抑えられるのが特徴です。

他にもトルクが高いという大きなメリットがあります。
スピードは伸びませんが、発進時のトルクが大きいのでグイっと伸びていく感じがあって、原付バイクでもスムーズな発進ができるのが魅力です。
一般的な原付バイクはオートマ仕様ですので若干燃費が下がりますが、クラッチを使うマニュアル車の場合はかなり燃費が伸び、経済性がぐんと上がるのがうれしいところでしょう。

単気筒エンジンのデメリットとは?

このように、いろいろなメリットがあるのが特徴の単気筒エンジンですが、当然逆にデメリットもあります。
たとえば、シリンダーが一つしかないため、どうしても出力が小さく、大きくて重いボディーは引っ張っていけないというのが最大のデメリットです。
そのため、自動車や大型バイクのようなパワーが求められるものには向きません。

そして、スピードが出づらいというのもデメリットと言えます。
発進時のトルクは高いのですが、スピードの伸びは悪く最高速度の上限が低いのが特徴です。
無理をしてスピードを出そうとしたり、重いものを運ぼうとしたりすると、騒音と振動が激しくなってしまうというのも単気筒エンジンの特徴となっています。

このように、メリットもデメリットもある単気筒エンジンですが、上手に使い分けることによってその良さを最大限引き出すことができます。
現在は原付程度の大きさのバイクには単気筒エンジンが採用されていますので、軽くて低速で走るのに適しているという特徴をうまく活かしていることが分かります。

バイク用ドライブレコーダーについて

バイク用ドライブレコーダーを付けるべき理由とメリットとは?

バイクは残念ながら、自動車に比べると事故率が高く、しかも事故が大きくなる傾向が強いという特徴があります。
また、特に市街地での走行などは、自動車による巻き込み事故なども多く、ライダーがいくら注意していても、もらい事故によってダメージを受けることも多いものです。

そのようなケースに備えるために、最近ではバイク用ドライブレコーダーを装着する人が増えています。
事故が生じた時もその時の様子を動画で記録できますので、誰に責任があるのかをはっきりと証明でき、結果的に自分を守ることにつながるというメリットがあります。
さらに、バイク用ドライブレコーダーを着けているということが分かると、事故相手も無理なことを言ってこなくなることが多いので、問題解決をスムーズに進められるというのも利点です。

楽しみのためにバイク用ドライブレコーダーを着ける人も増えている

このように、万が一のための備えとしてバイク用ドライブレコーダーを着ける人も多くなっていますが、それ以上に動画を撮影して、あとでみんなで観たりネットにアップしたりして楽しむという目的で購入する人も増えています。
GoProなどの使いやすい高性能のビデオカメラが普及してから、特にライダーの間では走行中の動画を撮って後で観るのが、一つのツーリングの楽しみともなっています。

カメラがかなり小型化されていますので、ヘルメットや肩、腕などに装着することができるようになっていて、操縦の邪魔をしないというのもうれしいところです。
仲間とのツーリングの様子や走行中見える景色などを編集しておくと、あとに残るとても素晴らしい思い出ともなります。

バイク用ドライブレコーダーの選び方

バイク用ドライブレコーダーは今ではたくさんの種類がありますので、予算や目的などに応じて選ぶことができます。
もし、趣味も兼ねて動画を撮りたいのであれば、GoProタイプのヘルメットなどに装着できるタイプのものだと便利です。
走行中はもちろん、取り外して観光スポットの様子を映したり、泊りなら旅館での仲間との様子などもそのままそのカメラで撮ることができるからです。

一方で自己記録用に絞るのであれば、小さめのものをバイクに固定するタイプにすると邪魔になりません。
その際には、記録できる時間やメモリーの容量などを、いろいろな機種と比較して選ぶようにしましょう。
長めのツーリングをするのであれば、一度に撮って記録できる容量が大きくないと万が一の場合に役立たないこともあります。

また、動画再生の方法にも注目しましょう。
一番簡単なのはWiFi接続もしくはアプリでの接続ができるもので、何かがあってもすぐにその場でスマホなどにつないで動画を見ることができるからです。

東京モーターサイクルショー2018

気軽にツーリングに行けるクロスバイクに注目

東京モーターサイクルショー2018では、それぞれのメーカーが新しい特徴を持たせたバイクを紹介していました。
第三次バイクブームが来ていると言われる中、単に技術や安全性能を高めただけのバイクではなく、より一つの分野に絞った特徴あるバイクが増えてきているという感じが強く見られます。

たとえば、ホンダからは「クロスキャブ」が発表されています。
これはバイク単体で見ると、街中で軽く走るためのちょい乗りバイクという感じがしますが、実はソロツーというコンセプトに基づいて作られています。
そのため、東京モーターサイクルショー2018の紹介イラストでも、後ろにいろいろ荷物を詰めて楽しくツーリングに行く姿が描かれていました。

この「クロスキャブ」では、いろいろなアイテム、装備品がオプションであってソロツーを快適に楽しむためのカスタマイズができるようになっています。
収納能力を高めてくれるバッグ類や、ちょっとしたオフロードでも問題なく走れるような足回りパーツなどがあって、それぞれの好みに応じていろいろな変化を着けられるようになっています。
50㏄と小型免許が必要な110㏄の2バージョンが発表されていますので、ツーリングの範囲によってモデルを選べるのも魅力的です。

「ビーノ」のフルモデルチェンジが驚き!

東京モーターサイクルショー2018では、他に「ビーノ」のフルモデルチェンジが発表されました。
女性向けの街乗りスクーターとして代々かなりの人気を誇っているビーノですが、フルモデルチェンジをして、さらに洗練されたデザインが強調されています。
カラーリングも高級感が出ていて、愛着がわくスクーターという感じがします。

なによりの驚きが、「ビーノ」なのにエンジンカバーにはホンダのマークが付いていることです。
ヤマハの代表的なスクーターとしての歴史を作ってきたモデルですが、今回からホンダとの提携が決まり、パーツの相互開発、提供などが行われています。
デザインはヤマハっぽい感じがしますが、走りの面ではホンダの雰囲気が出てくると思われます。

新しいライダーウエアにも注目

東京モーターサイクルショー2018では、バイク本体だけでなく、アイテムの発表もありましたが、特にライダーウエアには注目が集まりました。
ライダーウエアというと、ごつくてワイルドな感じが強かったのですが、今回の発表ではかなりアウトドアスタイルが強調されています。

動きやすさと防寒性などはきっちりと考えられているのでライダー向けですが、デザインは山登りをするようなカジュアルな感じになっています。
街中で女性が着ていても違和感がなく、かわいく着こなせるので、このスタイルはこれからはやっていくのでは、という予感を与えるものでした。